コンバージョンを計測するためのSEOツール設定 – WordPress

検索ランキングを上げたり、コンバージョンを計測してコンテンツを最適化していくためにはSEO対策はツール選びが結構重要です。

ページへのアクセスを知りたいだけの場合はYoast SEOだけ、ECサイトでコンバージョンや、どのバナーがクリックされたかなどを計測するイベントトラッキングをしたい場合はGoogle Tag ManagerプラグインのDuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPressもインストール

  1. Yoast SEO
  2. DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPress

1. Yoast SEO

Yoast SEOAll in one SEO packはどちらも500万以上のインストール実績のあるSEOツール。

All in one SEO PackとYoast SEOのどちらを選択する?

All in one SEO Packは、Googleアナリティクスのトラッキングコードを入れるとそれだけでトラッキングが開始される手軽さ。一方で、Yoast SEOにはトラッキングコードをいれる所が無いので、Google Analytics for WordPress by MonsterInsightsのようなアナリティクス用のプラグインを別途インストールする必要があります。

Yoast SEOの方が視覚的にわかりやすいのと、あまり日本語では説明が無さそうだったのでこちらを説明します。

Yoast SEOの設定方法

1. インストールしたらまずはウィザードで簡単設定

どの投稿タイプをインデックス・フォローさせるかの選択、会社名やロゴの設定などをウィザードに従って設定していきます。会社名やロゴはプラグインが「構造化データ」としてページに設定してくれます。便利。
Yoast設定ウィザード

※コンテンツが少ないページが大量にインデックスされるとGoogleのペナルティ対象になることがあるので、メディアやお問合せページ、カートページなどはNoindexにした方が安心です。
※Googleサーチコンソールと連携すると、「404ページがみつかりません」エラーのあるページをWordpress上から見ることができるようになり、プレミアムにアップグレードすると、そこからリダイレクト設定ができ便利です。無料の場合は
サーチコンソールの「クロール」メニューからクロールエラーの起きているURLを確認して、Redirectionプラグインをインストールしてリダイレクト設定します。

2. XMLサイトマップ機能を有効化

Yoast SEOAll in one SEO packもサイトマップ作成機能はデフォルトでは使用できません。Yoast SEOではサイトマップ機能の有効化は機能タブ
Yoast SEOの詳細設定を有効化

有効化すると、XMLサイトマップツールが表示されます。
Yoast SEOでXMLサイトマップツールを使用

作成したサイトマップはこちらから確認。Yoast SEOから作成されるサイトマップのファイル名はsitemap_index.xmlです。
XMLサイトマップ

このサイトマップのファイル名を、サーチコンソールの「クロール」>「サイトマップ」で登録しておきます。
サーチコンソールでXMLサイトマップを追加

3. Googleアナリティクスのトラッキングコードの設定をお忘れなく

Yoast SEOはトラッキングコードをいれる所が無いので、Google Analytics for WordPress by MonsterInsightsのようなアナリティクス用のプラグインを別途インストールして、Google Analyticsのトラッキングコードを設定します。

Googleタグマネージャーを使用する場合はトラッキングコードをタグマネージャーで設定するので必要ありません。

設定が完了したら、各ページ、投稿でSEOの設定をしていきます。検索で上位に表示させるためのSEO対策のやり方はまた別途。

DuracellTomi’s Google Tag Manager for WordPressの設定方法

https://www.google.com/intl/ja/analytics/tag-manager/
このプラグインは、WooCommerceやコンタクトフォーム7と連動してコンバージョンを簡単に計測できるようにするツールです。全て英語ですが、Googleタグマネージャーの無料プラグインは他には使用したことが無いのでこちらを説明します。

※Googleタグマネージャーの使用方法がわからない場合でも、タグマネージャーアカウントを作成して、IDを設定すればWooCommerceやコンタクトフォーム7のコンバージョンを計測することが可能です。

1. GTM IDの設定

タグマネージャーアカウントを作成して、GTM-から始まるIDを取得します。

「General」タブにGTM IDを設定します。
Googleタグマネージャーの設定

2. Integrationの設定

「General」タブで、連動させるプラグインのチェックボックスをオンにします。
Googleタグマネージャーでコンタクトフォーム7のコンバージョンを測定

WooCommerceでは全てのチェックボックスをオンにします。
GoogleタグマネージャーでWooCommereのコンバージョンを計測

※WooCommerceのコンバージョンを測定する場合は、アナリティクス側でeコマース機能をオンにしておきます。
アナリティクスでeコマース設定

以上でEコマースサイトの基本的なSEO対策に必要なツールの設定は完了です。

検索で上位に表示させるためのSEO対策のやり方はまた別途。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です