クレジットカード決済代行サービスを選択するポイント

実店舗ビジネスでも、eコマースでも、どのカード決済システムを導入するか悩みどころです。

実店舗ではiPad使用のクラウドレジ

実店舗だと、高額なポスレジを導入しなくても、スマレジエアレジなど、iPadを利用したレジが、端末が無料だったり売上をネット上で確認したりできるので便利です。

決済代行付きASP型ショッピングカートシステム

Eコマースでは、メイクショップカラーミーショップなどのASPのショッピングカートが数多くあります。

クラウドレジもASP型ショッピングカートも、初期費用が低い代わりに決済手数料が高めで、提供会社にとっては長期的にもうかる仕組みになっています。

インストール型ショッピングカートシステム

ASP型ショッピングカートだと自由度がなくて、、、という場合にはWooCommerceなどのインストール型のショッピングカートに別途決済代行システムを導入することになります。

独自のショッピングカートシステムを使用する際には、国内の決済会社以外にPaypalStripeが選択肢としてあります。この2つは、審査が簡単または不要で、登録費や固定費がかからないので始めたばかりの小さいビジネスには最適です。

ただ、Paypal(3.4%+40円/件)もStripe(3.6%)も、固定費が無い代わりに決済手数料が高めなので、売上が大きくなってくると、国内の決済会社に乗り換えた方がお得になってきます。

スモールビジネスにとっては、簡単にすぐ導入できて、固定費が無い決済会社が海外からやってきてくれたのはとってもありがたいことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です